脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加
  • ?脱毛TOP
  • >
  • Q&A
  • >
  • 薬を服用していますが、脱毛はできますか?

薬を服用していますが、脱毛はできますか?

薬を服用中の脱毛は極力控えるのが賢明でしょう。

エステサロンにおいては、施術前に服用中の薬について確認され、薬を服用している時は、殆どのエステサロンに脱毛施術を断られる場合が多いようです。

薬を服用中の脱毛の受け入れに関しては各エステサロンで基準が違うようで、市販薬は服用から1日間、病院で処方された薬は7日間をあけてから施術可能としているエステサロンもあります。

また、医師の許可があれば施術可能であるエステサロンも多く、薬を処方した医師の承諾書の提出を求める等慎重に対応する場合もあります。

しかし、中には服用中の薬についての確認をしないエステサロンもあるようです・・。

次の薬を服用中の人は脱毛施術を受けられないと言われています。
・抗生剤を含む風邪薬
・抗ヒスタミン配合の皮膚薬
・抗不安薬、三環系抗鬱剤

これらの薬は光感受性を高める作用があり、薬が光に敏感に反応して体に悪影響を与えるとされていますが、実際には紫外線を含む光に反応するのであって、紫外線がカットされているレーザー脱毛の光は安全との事です。

ピルを服用していると、妊娠中と同じホルモン状態となり、脱毛効果が得られにくいと言われています。

エステサロンは医療機関ではありませんので、万が一のトラブルの時に適切な処置をする等、迅速に対応する事が出来ません。

また、薬に関する深い知識を持っている人がいる訳ではありませんので、光感受性の影響の事も含め不安材料がある時には本人が脱毛を希望していても施術を断わられることになります。

全ての薬が脱毛に適していないという事ではありませんし、持病が有り薬を服用していても脱毛を受ける事は可能です。

アトピー性皮膚炎、アレルギー体質、その他の疾患がある人で薬を服用している人は多くいます。そのような人達は医療機関であるクリニック等の施設で医師のカウンセリングの下、脱毛施術を受ける方が良いかも知れません。

また、万が一の際の処置で大きな問題が起きる可能性も否定できませんので、薬を服用中であるにも拘らず、脱毛したい一心で申告しないというのはよくありません。

自分で剃刀等で脱毛処理をしている場合にも言える事ですが、風邪をひいている時も無理はせず治してからにしましょう。体調が悪い時は肌の調子も良くないものです。

些細な事で肌トラブルを招き易くなりますので、不調な時は脱毛もお休みするのが賢明です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.