脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

レーザー脱毛で脱毛可能な範囲は?

レーザー脱毛は、体の部位により適さない場合があります。

まずは、レーザー脱毛の仕組みについて簡単に説明します。

レーザー脱毛はクリニックで行っている脱毛方法で、痛みの少なさ、1回の施術時間の短さ、そして安全性の高さから脱毛を希望する人の多くが選ぶ施術方法です。

エステサロンにおけるレーザー脱毛は正確にはレーザー脱毛ではなく、正しくは光エネルギーを使用する光脱毛です。

どちらも光エネルギーにより毛根に損傷を与える脱毛方法に変わりはありませんが、クリニックで使用する医療レーザーが放出する光エネルギーはエステサロンの比にならない程パワーが大きいという違いがあります。

エステの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛はメカニズムが同じであり、一般的にはエステサロンにおいてもレーザー脱毛という言葉が使われていますので、ここでいうレーザー脱毛はエステサロンとクリニックの両施設の施術方法としてご理解ください。

レーザー脱毛の光エネルギーはメラニン色素と呼ばれる黒い色素に反応します。
一般的に腕、背中、腹部、足等にはレーザーを照射して問題がないとされ、光エネルギーは黒い毛を感知して毛穴に損傷を与えます。

しかし、日焼けした肌や地黒な肌はメラニン色素に覆われている為、レーザーが毛ではなく皮膚そのものに反応し、皮膚に火傷や色素沈着といったダメージを与えてしまうリスクがありますので、日焼けした肌が元に戻ってからでないとレーザー脱毛施術を受けることができません。

同様にメラニン色素が多いホクロ、痣、シミがある人でどうしてもレーザー脱毛をしたい場合、それらを除去することが優先されます。

同様に乳輪や陰部のデリケートゾーンも光エネルギーが反応してダメージを与える可能性があるので、レーザー脱毛は適しません。

これに対して、顔の産毛、おでこの生え際などの細い毛や白髪はメラニン色素が薄いことからレーザーが感知しにくい為脱毛効果を得ることが困難です。

美肌効果もあるレーザー脱毛ですが、肌の粘膜に近く皮膚もデリケートなVゾーンの脱毛には向いていません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.