脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

脱毛資格(だつもうしかく)

クリニックで脱毛を行う施術者は医師と看護師だけに限られます。あくまでも脱毛、針やレーザーは用いる事は医療行為として考えられており、医師または、医師の指示下の看護師しか行うことができません。

看護師以外の資格を持っていないスタッフが脱毛を行うことはありません。日本医学脱毛学会というものがあり、独自に認定制度を設けており、認定医・レーザー脱毛士・認定脱毛士(針脱毛)・認定指導士があります。いわば医療界での脱毛に関するプロフェッショナルということになります。

しかし脱毛は歴史が決して古いものではないため、認定制度を国家資格としては認めていません。またエステサロンによっては国際認定資格などといった、日本以外の様々な脱毛に関する認定資格を取っているところも多くあります。

アメリカやヨーロッパなどでは脱毛は医療行為という認識が低く、サロンでの脱毛が一般的であるそうです。そのため世界機構の認定員は海外ではしっかりと認められている資格になっています。

しかしいくら世界機構として認定されていても、日本国内では浸透しておらずさらに医療行為との絡みもあり一般的に広く認知されているものではありません。そのことにより世界機構での脱毛認定士としての資格が日本ではライセンスとしての判断基準としては難しいといえます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.