脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

麻酔薬(ますいやく)

脱毛の種類によっては非常に強い痛みを伴う場合があります。レーザー脱毛でも部位や個人によっては痛みを感じる事もあります。また電気針脱毛を行う場合永久的な脱毛は可能ですが、少なからず痛みの問題がでてきます。

しかし医療機関で脱毛を行う場合、麻酔薬を使用した無痛の脱毛を選択することができます。ジェル状の局所麻酔薬を事前に塗布して脱毛を行う、シール状の局所麻酔薬を事前に貼付しておき脱毛時にシールを剥がして行うといった簡単な方法があります。レーザー脱毛の場合は大体がこれらのどちらかを行うことができると思います。

また電気針脱毛の場合はこれらのふたつの方法のほかに、直接局所麻酔薬を注射してから脱毛を行うことも可能です。これらはあくまで一般的な脱毛時の麻酔薬ですが、クリニックによって取り扱っていない場合もあるので事前に確認しておく必要があります。できる限り体験脱毛を行い、痛みの程度を確認した上で痛みに対する対処法を考えていく事が大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.