脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

メラニン色素(めらにんしきそ)

メラニン色素は人体において作られる色素のことをいいます。皮膚に形成されるものと、体毛に含まれているものがあります。

皮膚に形成されるメラニン色素には日焼けやしみ・そばかす・ホクロなどがあります。紫外線などの影響により皮膚にメラニン色素が沈着し、表面上黒ずんで見えます。メラニン色素が沈着しても皮膚の新陳代謝の働きによって、自然と吸収されるものですが、生活環境や加齢などの影響により皮膚に残ってしまうものがしみやそばかすとなります。

体毛に含まれているメラニン色素は、毛穴にあるメラノサイトという色素細胞から作られます。脱毛に用いられるレーザーや光脱毛機器は、このメラニン色素に反応させて脱毛効果を得ます。ワキやビキニゾーンの黒ずみなどもメラニン色素が関係しているため、これらの脱毛機器によって黒ずみも解消できることがあります。日焼けや、皮膚がもともと黒い人がレーザーや光脱毛機を使用できないのは、毛のメラニン色素だけではなく、皮膚のメラニン色素にも反応してしまう恐れがあるからです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.