脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

皮膚の役割(ひふのやくわり)

皮膚は外界からのウイルスや刺激などから身体を守ってくれるとても大切な器官です。主な働きとしては体温の調節機能があります。毛や毛穴は皮膚の付属器官とされておりとても密接に関わりあっています。汗腺から汗を出すのも体温の調節機能の一つです。脱毛を行うことで皮膚にはどのような影響が起こるのでしょうか?

脱毛を行うことで、光やレーザーなどのエネルギーまたは針脱毛の電流によって皮膚は軽度の炎症を起こした状態になります。状況によっては冷却やステロイド剤などの塗布を行いますが、皮膚本来の働きにより治癒へと向かいます。

しかし炎症が過度の場合、皮膚の表面組織(または浅部組織)が死んでしまうので栄養がいき渡らなくなり、色素沈着を起こします。炎症性の色素沈着はなかなか改善しにくく、痕となってのこってしまいます。

また脱毛を行うことによって、毛穴の働きが低下します。多汗症やワキガの臭いが軽減するように汗腺や皮脂腺の働きも低下してしまいます。そのため脱毛部位の水分・油分が不足がちになり乾燥を引き起こしてしまいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.