脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

紫外線(しがいせん)

意外に思われますが脱毛と紫外線は大きく関係しています。

まずは毛そのものの働きが、本来紫外線から皮膚を守るために生えているということです。紫外線を浴びる事で皮膚にはメラニン色素が形成されます。皮膚の生理機能でメラニン色素は分解、吸収されるのですが過度の日光浴の場合、紫外線は皮膚に悪影響を与えてしまいます。皮膚にダメージを与えないためにクッションの役割として、毛が生えているのです。

また、レーザー脱毛期間中の紫外線にも注意が必要です。レーザーの照射により皮膚は軽度の炎症を起こした状態になっています。この炎症を起こしている部分に強い紫外線が当たると、刺激によって炎症が悪化しやすくなります。炎症が悪化する事で色素沈着を起こしてしまう恐れがあります。

また、紫外線を浴びて日焼けを起こすことで、やけどの危険性も高まります。また日焼けのメラニン色素に反応して、脱毛の効果が薄れてしまいます。レーザー脱毛と紫外線の関係はとても深いものなので脱毛前、脱毛中の紫外線対策を万全に行ってください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.