脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ワキガ

正確には腋臭症(えきしゅうしょう)と言いますが、一般的にはわきが・ワキガと呼ばれています。

アポクリン腺から分泌する汗と、皮脂腺・汗腺からの汗や油分が皮膚の常在菌などと混じりあって独特の臭いを発生させます。アポクリン腺とはワキや乳輪・陰部などにのみ存在する汗腺で、大汗腺とも呼ばれています。このアポクリン腺がワキガの原因になります。

ワキガの根本的な治療としてはアポクリン腺を取り除く手術やボトックス注射などがありますが、最近ではレーザー脱毛や針脱毛・光脱毛でも臭いが軽減することがわかってきました。脱毛を行うことで、直接的にアポクリン腺に働きかけているわけではありません。脱毛によって毛根付近の毛を育てる細胞を破壊すると、毛穴そのものの働きが低下します。毛穴そのものの働きが低下することに伴ってアポクリン腺の働きも低下し、臭いのもととなる汗が分泌されにくくなるのです。

脱毛によるワキガ臭の軽減はあくまで付随した効果でしかないため、必ず臭いが消えるという保障はありません。軽度のワキガの場合は改善する事もありますが、強いワキガの場合は根本的な治療にはなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.