脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

医療脱毛の資格とは

クリニックで脱毛を行う施術者は医師と看護師だけに限られます。あくまでも針やレーザーは用いる事は医療行為として考えられており、脱毛もれっきとした医療行為です。そのため医師または、医師の指示下の看護師しか行うことができません。看護師以外の資格を持っていないスタッフが脱毛を行うことはありません。

さらに日本医学脱毛学会というものがあります。この日本医学脱毛学会では独自に認定制度を設けており、認定医・レーザー脱毛士・認定脱毛士(針脱毛)・認定指導士があります。いわば医療界での脱毛に関するプロフェッショナルということになります。脱毛に関しての基本的な知識、技術はもちろんのこと身体の構造や生理学までとても詳しく学び研修や講義、実習を行います。

先にもお話しましたが日本での脱毛の歴史が決して古いものではないため、医学としての国家資格が認められていません。もちろんクリニックで脱毛をおこなう場合は医療行為であるため、医師と看護師が施術を行います医師と看護師という国家資格は持ちますが、脱毛としての国家資格は国が認めたものではないということです。

そのためエステサロンでは医療行為にならない程度の光線を用いた脱毛や電気脱毛が行われているのが実際です。さらにエステサロンによっては国際認定資格などといった、日本以外の様々な脱毛に関する認定資格を取っているところも多くあります。一見すると違いもわかりにくく、判断しにくいと思います。しかし医療機関で行われる脱毛は、施術における前後の処置や治療という面でも十分に安心できると思います。

しかし実際皮膚科や総合病院などで脱毛を行う場合は問題ないと思いますが、美容整形のクリニックによっては悪質なクリニックも存在します。儲けを最優先として、技術や知識は度外視というところもあるのが実際です。

自由診療という立場から、商売として儲けを考える事はもちろん大切なことです。しかし一時期悪質なクリニックが問題になったこともありました。良いクリニックを見つけ出す目がとても大切になります。病院だからといって安心して全てを任せるのではなく、自分で判断する事が大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.