脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛はもちろん安全性は非常に高いとされていますが、少なからずデメリットがあります。それではデメリットについてお話していきましょう。

デメリット

レーザーを受けられない場合がある

レーザーは黒い色素(メラニン色素)に反応するため、皮膚がもともと地黒な人や日焼けをしている場合はヤケドを起こす、色が抜けてしまうなどの恐れがあります。またホクロや痣がある場合、ヤケドなどの恐れがあるためレーザーの適応にはならない事があります。事前に違うレーザー機器を使用しホクロや痣を除去したあとに、脱毛を受けることができます。

また陰部や肛門・乳輪といった部分はメラニン色素を多く含んでおり、ヤケドのおそれが高まります。特にデリケートな部分ですので、レーザー脱毛には向かないといえるでしょう。

毛によって効果が無い

休止期の毛には効果が全く得られません。成長期の毛根だけに反応して脱毛を行います。いくら照射しても休止期の毛根であれば反応しないため、次の成長期にあわせて繰り返し行わなければなりません。

また細い毛や白髪・産毛には効果が得られない場合があります。レーザーはより黒く太い毛に良く反応します。そのため黒の色素が弱いとレーザーの光が作用せず、脱毛の効果が得られません。

しかし最近では徐々にレーザーの改良がすすんできているため、効果が得られているケースもあるそうです。将来的にはさらに改良が計られ、産毛・白髪にも効果的なレーザーが一般化することになるでしょう。そうなるとレーザー脱毛でも永久脱毛が可能になってきますね。

皮膚への影響

個人の毛や皮膚の黒さを事前に調べてレーザーの出力を調節します。しかし施術者が出力を誤ってしまうとヤケドの恐れがあります。またファンデーションや日焼け止めクリームなどに反応してヤケドを起こしてしまう恐れがあります。その他、レーザー照射後に日焼けをすると、色素沈着やシミになってしまう恐れがあります。

 

安全性の高いレーザー脱毛でもデメリットはあります。特に日焼けや肌の黒さによって、レーザー脱毛を受けられない場合は選択肢が限られてしまいますのでデメリットでしかありませんね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.