脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

医療レーザー脱毛とは

レーザーってそもそもどういうものなのでしょうか?

コンサートやイベントで使われるレーザー光線や、レーザーポインターなどを見たことがありませんか?基本的にはそれと変わりません。その光を医療用に変換して医療レーザー機器として使われています。光のエネルギーによって、特定した色素だけを熱で破壊させるというものです。黒いメラニン色素だけに光のエネルギーをかけて毛根ごと破壊させるというのが原理です。

医療レーザーには毛のほかに痣やしみ・そばかすなど用途に合わせた機器があります。それぞれ原理は同じですが、出力や光の性質が異なります。今回はそのなかで医療レーザー脱毛に関して詳しくお話します。

光のエネルギーによって毛根が完全に破壊されると、その毛穴では毛の成長活動は行われず毛が生えなくなるという仕組みです。この説明を聞くと、エステサロンで行われている光脱毛と変わらないと思ってしまうかもしれません。確かに理論上は同じですが、しかし放出されるエネルギーや効果、安全性が大きく異なります。

レーザーと聞くと怖いイメージがありませんか?アクション系のドラマやアニメなどで「レーザービーム」を発射して、敵が次々倒れていく・・・

そんな危険なものを体に当てて大丈夫?という不安があるかもしれませんが、大丈夫です。医療用に使われるレーザーは人体に影響のない出力が厳しく決められており、当てても害はありません。そしてレーザーの光は赤外線なので、レントゲンなどとは全く異なり皮膚がんなどの心配はありません。

脱毛に使用されているレーザーの光は、皮膚の下数ミリにしか届かないので、毛穴だけを狙って照射することができます。それよりも深い血管や神経には全く影響がありません。

安心できましたか?決して怖いものではありませんよ。エステサロンではサロン独自で様々な機械があったと思いますが、脱毛に使われるレーザーはそんなに多くはありません。

発売している会社によって多少の差はありますが、日本人のように黄色でメラニン色素が多い場合、使われるレーザー脱毛の機種が限定されてきます。数種類もありません。そのため多くのクリニックで使用されている機械に違いはありませんので、施設による効果の差はほとんどないでしょう

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.