脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

医療機関での脱毛とは

次は医療機関での脱毛についてのお話をしていきたいと思います。

なんどもお話してきましたが、本来脱毛は医療行為として考えられています。実際に脱毛を行っているクリニックとは美容整形クリニックや皮膚科があるのですが、世間では「美容整形=顔の整形」というイメージが先行されているのと「脱毛=エステ」という古くからのイメージから、医療としての脱毛がなかなか浸透しませんでした。

また、美容整形クリニックでは病院そのものの敷居が高いことや整形への偏見などから、足を踏み入れることができなかったのではないでしょうか。

しかし最近では脱毛そのものへの関心の高まりと医療脱毛の理解が広がり、徐々に普及されてきていると思います。それでは医療での脱毛について正しく理解していただくため、エステサロンとの比較をしながら詳しく説明していきたいと思います。

美容整形クリニックや皮膚科などの医療機関(以下クリニック)で行われる脱毛は、医療行為の一つです。しかし一般的な医療行為と大きく異なるところは、病気などによってなにか問題が起きている部分を治すことではないということです

あくまでも容姿の不満足などといった外見上の審美を目的として行われるということです。これは自由診療と呼ばれ健康保険の適応にはなりません。全額自己負担になります。ただし例外として、多毛症といったホルモンが原因で起こる病気の方が脱毛を行う場合、保険が適応になる事があります。

このケースはごく少なく、ほとんどの方が審美的な側面や手間の問題から脱毛を行っています。医療行為である以上、脱毛を実施するのは医師と医師の指示下の看護師のみになります。

クリニックで行われている脱毛には
・ 医療レーザー脱毛
・ 医療電気脱毛 
の二つがあります。

エステサロンと同じような機械にみえますよね。光による脱毛と、電気による脱毛。似ているようですが全くの別物です。それではひとつずつ仕組みについてお話しましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.