脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

キャッチコピー・セールストーク

お金の問題に伴ってよくあるトラブルに、追加料金などが発生するという場合があります。

もちろんその人の毛の状態によってなかなか効果が得られず、長期間かかってしまったという場合はやむをえない事かもしれません。それとは別に、サロンによっては脱毛を行うたびに化粧水やジェル・美容液などを買わされてしまうという事があるそうです。

脱毛後のクーリングや保湿を目的として、確かに必要なケースもあるかもしれません。しかし悪徳なサロンによっては独自の付属品を必ず買わなければならないそうです。決してすべてのサロンがそうではありません。あくまでもごく一部のサロンですが、そのような悪徳なサロンも実在します。

脱毛の金額が安いからと決めても、一回の脱毛のたびに化粧水を買わされてしまう。残っていると断ってもサロンのきまりだからと強引に買わされてしまい、最終的には何十万とかかってしまったというケースがあります。

たとえサロンの決まりであったとしても、事前に説明がなければなりません。たとえ脱毛であってもサロンと脱毛を受ける人の双方の合意があって、初めて契約が成立し施術に入ります。契約を結ぶ以上事前の説明がなく後からきまりですといわれるのはとてもおかしい話です。それはれっきとした詐欺だと思います。

万が一サロンでそのような付属品を無理やり買わされてしまった場合クーリングオフの対象になります。しかしこれからも継続して通わなければならない、すでに脱毛分のお金を払ってしまっている状態であれば泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

さらに保障期間にも注意してください。派手な広告やキャッチコピーで【毛が一本もなくなるまで保障します】などと謳われていても、実際には2年間の保障期間内に限るといった注意書きが隅に小さく記載されていた・・・といったことも実際にあります。

どこのサロンであっても商売である以上、沢山の人に利用してもらい利益を上げることが優先されてくると思います。そのため儲けだけを追求するサロンも少なからずあるのが現実です。決して目先の安さやお得さだけで行動に踏み切らないでください

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.