脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エステサロンの針脱毛とは

次はエステサロンでの針脱毛についてです。エステサロンによっては電気脱毛やニードル脱毛という名称でよく聞かれます。

これはブレンド法と呼ばれ、すごく細い針を毛穴の根本(毛根付近)まで差し込み電気や高周波を流して毛根を熱で壊します。毛穴ひとつに針を差しこみ、電流を流すということを繰り返していくため、とても時間のかかる作業です。

時間はかかりますが、毛根をひとつずつ損傷させるため、光脱毛よりは効果が得られます。永久脱毛と呼ぶには針脱毛が一番相応しいといえます。

しかしエステサロンで使われている針は絶縁体でコーティングされておらず、また電流が弱いために一度に長い時間を掛けるため毛穴だけではなく皮膚にもダメージを与える恐れが高まります。これによりヤケド・炎症・色素沈着などの問題があげられます。さらに毛穴に針を入れるため、手技や針の太さによって毛穴が広がりぽっかりと穴があいたようになってしまうといったトラブルがあります。

ここからはとても大切なお話をします。針を使うということは本来医療行為になります。エステサロンで針を用いる事自体が違法になってしまいます。そもそも脱毛は医師・または医師の指示下の看護師しか脱毛を行ってはいけないと法律で決められています。

そのため最近では医師法違反行為としてエステサロン経営者、従事者が逮捕される事件も目立つようになってきました。しかし実際にはエステサロンでも針脱毛を行っている所が多くあると思います。

エステサロンの考えとしては毛の穴に針をさしているだけで、皮膚を貫通させているわけではない。そのため医療行為としての針ではない主張しており、医療行為である・医療行為ではないと両者の言い分が対立しており、長く問題とされてきました。

また医療行為における脱毛はあくまで審美的な問題ですので、病気を治療するといった医療ではなく、とても難しい問題であることは事実です。さらにエステでの脱毛の歴史も古いため、全国的に徹底して取り締まるといった状況ではありません。

本来エステサロンでの針脱毛は認められてはいませんが、現実として多くのサロンで行われています。そして施術者もすばらしい技術を持っているかたもいらっしゃると思います。そのため本来は違法行為なのですが、実際にサロンで行われていることを前提として針脱毛についてもお話していきたいと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.