脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

光脱毛のデメリット

次は光脱毛のデメリットについて詳しくお話していきましょう。

デメリット

高い脱毛効果が得られない

光脱毛を受けた全員にいえることではありませんが、クリニックなどで使われている機械に比べて光のエネルギーは弱いとお話してきました。そのためその人の毛の状態や部位によっては脱毛効果が得られない場合があります。

特に細い毛や産毛・白髪といった黒い色素が弱い部分では永久的な脱毛効果を求めるのは厳しいかもしれません。そして光のエネルギーが弱いことで毛根が完全に破壊されず、何年後かに生えてきてしまうケースも多いです。

施術を受けられない場合がある

光脱毛の光は黒い色素(メラニン色素)に反応するため、皮膚がもともと地黒な人や日焼けをしている場合は皮膚そのものに光のエネルギーが反応してヤケドを起こしてしまう恐れがあります。

またホクロや痣がある部分や、陰部や肛門・乳輪といった部分もメラニン色素が多く含まれているためヤケドのリスクが高く施術できない場合があります。特にデリケートな部分への光脱毛は向かないといえるでしょう。

皮膚へのダメージ

お肌への負担は少ないとお話してきましたが、稀にダメージを受けてしまう場合があります。人間の皮膚にはメラニン色素(黒い色素)が含まれています。その皮膚のメラニン色素に反応してしまう場合や光のエネルギーが弱いため、長時間当ててしまうことでヤケドや水ぶくれを起こしてしまう恐れがあります。技術者の経験不足などによっても起こりうる問題だと思います。

光脱毛のメリットとデメリットについてお話してきました。現在クリニックやエステサロンで行われている脱毛方法の中で、光脱毛の安全性は非常に高いと思います。しかしそれはあくまで施術者の技術と知識があっての事です。正しく理解されていて、正しく使用されているのであれば、トラブルの少ない安心できる脱毛方法ですね。

ここで大切なポイントは

光エネルギーが弱い=安全性が高い=脱毛効果は低い

ということです。全て比例してきます。全く脱毛効果が得られないということではありません。身体への負担が少ないことに伴って、他の脱毛方法に比べて脱毛効果は劣るということを覚えておいてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.