脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エステサロンの光脱毛

サロンによって様々な種類があるように見えますが、エステサロンで行われている光脱毛には・フラッシュ脱毛・IPL脱毛・プラズマ脱毛の3つがベースになっています。オリジナル性を出すためにサロン独自のネーミングをつけていますが、原理としては以下の3つに振り分けられます。

フラッシュ脱毛

フラッシュ光線という強い光を当てて、光のエネルギーを利用して毛根を損傷させます。

IPL脱毛

IPL(インテンス・パルス・ライト)という独自の光を当て、光のエネルギーを利用して毛根を損傷させます。

プラズマ脱毛

キセノンフラッシュ光線を利用して、光のエネルギーを利用して毛根を損傷させます。

これら3つのどれも光のエネルギーを利用して毛根を傷つけます。光のエネルギーを毛の黒い部分(メラニン色素)だけに集中させて損傷させます。イメージとしてはカメラのフラッシュを大きくしたような機械を脱毛したい部分に直接当てて脱毛を行います。

レーザー脱毛に良く似ていますし、名称にレーザーと使っているサロンもあるかもしれませんが、レーザー脱毛機は本来医療機関でしか取り扱う事ができません。エステサロンで使用できるレーザーは、さきほどお話した家庭用のレーザー脱毛機と同じように、とても弱い出力のものしか用いられないのです。

たとえレーザーでなくても、光のエネルギーが強く毛根に当たるとその部分を損傷させ、限りなくそのものを消滅させる事(脱毛)に近づけることができます。したがって脱毛の効果はありますが実際にエステサロンで使用されている機械の多くは、出力が制限されており光のエネルギーが弱いものばかりです。医療レーザーの比にはなりません。さらに問題点はこのいずれも、脱毛の歴史として浅いという事です。

光のエネルギーによってある程度の脱毛の効果を得る事は出来ますが、あくまでも永久脱毛とは程遠いのが現実です。使われるエネルギーが弱い=効果が低いということです。

確かに脱毛としての効果は劣るかもしれませんが、その反面痛みやお肌へのダメージは少ないのが良いところでしょう。また医療用の機械に比べて安価なため、施術にかかるコストも低額で済みます。

光脱毛に利用されている光はお肌に照射することで、キメが細かくなる・毛穴が目立たなくなるという利点があります。実際に美容整形のクリニックでは、若返りの効果が得られるとしてフェイシャルケアに利用しています。利点ではありますが、クリニックでは脱毛効果を得るためには利用されていません。このことからも医療脱毛に比べて効果は落ちるという事がわかりますね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.