脱毛

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

脱毛クリームで脱毛

次は脱毛クリームについてのお話です。

脱毛クリームは薬剤を利用して毛を溶かして除毛することができます。メリットは手軽で痛みがない、コストがかからないということですね。確かに一回のコストは安いですが、繰り返して使用していくと高価になってしまいます。

最近は色々な種類の脱毛クリームが発売されています。クリームの種類によっては、ハーブや天然成分だけを使用していてお肌への負担が少ないものもあります。しかし一般的に発売されている商品の多くはアルカリ性の薬剤を使用してたんぱく質(毛の成分)を溶かすというものなので、どうしても皮膚へのダメージは避けられません。

人間の皮膚は弱酸性で出来ています。アルカリ性の物質は皮膚にとても強い影響を与えます。皮膚の弱い人・敏感な人はかぶれてしまうことも多くありますし、傷があった場合強い痛みを伴って炎症をひき起こしてしまう恐れもあります。

そして毛穴までは薬剤が入り込みにくく、表面に出ている毛だけを溶かすので毛根は残ったままになります。毛根が残っている以上成長期の毛はすぐに生えてきてしまいます。そのため効果の持続時間としては短く感じるかもしれません。

そのため毛根まで溶かしたい、より多くの毛を根こそぎ溶かしたいと考える人が多く、商品に記載されている放置時間を自己判断で延長して、さらにお肌を傷つけてしまう場合が多くあります。どんなにクリームを塗って、放置時間を延長しても毛根まで溶かす事は不可能です。肌に強くダメージを与えてしまうことになります。

ハーブや天然成分で作られた脱毛クリームはお肌への影響が少ないものがほとんどです。最近では豆乳やパイナップルなどのから抽出した天然成分だけを使用しているものが流行っているようで、保湿効果なども伴っているそうです。しかし化学成分の薬剤に比べると除毛効果は比較的緩やかで、一度で効果を得ることは少ないです。中には効果を感じられない場合もありますが、お肌のことを優先的に考えると天然成分を使用したクリームのほうがいいかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.